--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 06. 27  
モントルーの見所といえば、





バイロンの詩で有名になったシオン城が有名ですが、それをのぞくと、やっぱり湖がメインで、
湖の側で一日を過ごす、というのが一番正しい?観光なのではないでしょうか?









でも、歩くだけじゃちょっと疲れちゃうし、



そのときは、パブリックのバスにのって隣町のVeveyまでいってしまいましょ。



駅の前をおりたら、目の前にある階段をどんどんと、湖のほうまでさがりましょう。その通りが
バス通りです。






あ、バスに乗る前に、La place marche のフレディにあいましょう!






湖の前で高く手を掲げているのが









彼です。

彼は、モントルーをこよなく愛し、レコーディングのスタジオもここに持っていました。

で、フレディに挨拶したらそこからバスにのって


モントルーは、メインのバス通りがひとつだけなのでとっても簡単。

201番のVevey 行きにのって、Vevey Periphelique まで。



これにのると、30分間ほどの間、湖畔をずっと眺めている事ができるんです。






私は、一日チケットをかって、観光バスのHop and Offのように、素敵なビーチをみつけたら、
1度おりて探索して。。。なんて事をよくしていました。



そうそう、たいていのホテルは、滞在期間中のバスのパスをただでくれます。
スイス、太っ腹。
ホテルのフロントで聞いてみてくださいね。

それを手に入れると、モントルーの観光はもう100パーセント保証されたようなもの?






Veveyには、小さいけれどなんでもそろう、
St Antonieという名前のモールがあるので、ここでお買い物もおすすめ






お天気がよかったら、バス停とモールの間にある河をたどっていってみてください。




誰もいない河で、静かすぎてちょっと怖いくらいですが、

流れに耳を傾けて、






半分瞑想している気分でいると、

突然視界がぱっとわれて、本当に美しい湖が顔を見せます。












ここが私のVeveyのバスの旅のハイライトかな。



Veveyは、チャップリンや、オードリーヘップバーン、シャネルなどが、
こよなく愛し、主に晩年を過ごした土地でもあります。
私の父もここが大好きで、その頃父が住んでいたローザンヌから、
小さな電車にのって、ここまでよくきたものです。


ローマ時代からサヴォワ家の管轄を経る間も、ここはワインの産地としても有名。


で、たくさんお散歩したら、晩ご飯!

私のおすすめは、モントルーの湖畔にある、タイ料理のマイタイ。

アドレス書かないけれど、有名だから調べるとすぐわかりますよ。






主人が、湖畔をジョギングして偶然みつけてから、ここも8年間通い続けています。笑



やっぱり201番のバスでいけますよ。バスえらい!でも必ず予約してね。特に湖のテラスは平日でも
すぐうまってしまいます。




トムヤムクンは、お上品はお味。

ココナッツ版のトムヤムガーもおいしかった。



牛肉のサラダと、キングシュリンプのレッドカレー

たっぷりとスイスの風景を味わった後のエスニック料理っていうのもいいものです。
2014. 06. 22  





ベルンから、電車にのって約1時間半、モントルーに到着。



ここは、ジャズフェスティバルで有名な場所ですが、
普段もスイスのリヴィエラ、といわれるほどとっても切れな街で、高級リゾート地としてもヨーロッパではとても有名。









私は、モントルーで毎年用事があるので、この8年間毎年同じ時期に
訪れています。なんて幸せな事。




湖畔のホテルには、ほとんどすべて泊まったけれど、最終的に落ち着いたのがこのホテル

GOLF HOTEL RENE CAPT









理由は、多くのホテルのある方と反対側にあって、とても静かであること、









湖畔の散歩が目の前で







名前の通り、湖の突き出た場所にあって、窓から見える景色がとてもきれいなこと、













そして!物価が目の飛び出るほど高いスイス(それも高級リゾートは、それに輪をかけます。)
にあって、お値段が比較的(あ、比較的、って所忘れないで 笑)
リーズナブルだという事。



なーんて事のない外見ですが、
内部はきれいなアンティークで飾られていて、






モダンなホテルにあるような便利な設備はないですが、クラシックで、とても居心地のいい空間です。


さて次回は、モントルーのお手軽観光と、私たちの一押しレストランを書きますね!







2014. 06. 13  
スイスの首都はどこ?

っていう質問に、ほとんどの人が、

ジュネーブ、あれ、ちがうっけ?っていう感じでお答えになるのでは?


国際色豊かなジュネーブの陰にかくれているけれど、スイスの首都は


ベルンで、ございます。



昔父親が住んでいたので、ベルンには格別の思い出があります。
また、ジュネーブ、チューリッヒの中間点なので、チューリッヒに住む友達と、ちょっと会う?ってなると、

真ん中のベルンが待ち合わせの場所になるこことも多くて。











ちなみにここ、時間がないときとっても便利なファーストフードのお店。
マクロビオティックなのよん。


父と会うときは、駅に迎えにきてもらって、アーレ河近くの、彼の家と往復していただけなので、
ベルンの観光は、大昔にしたきりで、20回以上足を運んでいる割には全然しらなくて。













ベルンの街の建設は1191年。
旧市街は、ユネスコの世界遺産に設定されているだけあって、本当にきれい。
私達の住んでいるボンの地区も負けそうだな 汗





ヨーロッパの他の場所と同じように、いしだたみなので、ゆめゆめヒールをはいて
歩こうと思わないでね。










観光スポットである、13世紀にできた時計塔。
かつてはここが、ベルンの入り口でした。








旧市街の中には、いくつもの泉?があり、それぞれの上には、ベルンに関係のあるアイコンが
飾ってあります。






今回は、ベルンの大聖堂に上る事にしました。














大聖堂正面










ステンドグラスが正面にある内部


大聖堂の上まで上る?と親切なスーベニアショップのマダムにきかれ、

はい、

っといったものの?

入り口はどこ?







ああ、この小さなドアね。







とあけると、小さい階段が。。








途中で下界が見えるにあたって、私は、上ってきた事を後悔し始めました。






たかすぎるううううううう。



それに、格子ははまっているけど、ふきさらし。。。。




ようやくついた眺望は。










ベルンの街が一望できます。












いや、またおりねばならない、という恐怖感を差し引いても、やっぱり上ってよかったと思える眺望でした。










2014. 06. 08  



ボンから車で15分ほど、ボンに通っている人がちの住宅地である、
Merhamから歩いていける距離に








Rodderburug  という場所があります。



ドイツ人は日曜日、ブランチのあとや、朝早く起きてお散歩するのが好きですが、

(といっても何キロ、何十キロの散歩だけど)

ここはそんな人たちにうってつけの場所。

小鳥のさえずりを聞きながら








で、ここはついでに、30万万年ほど前に火山の噴火があったところで、
カルデラがあるんです!





と連れて行ってくれた、ドイツ政府の高官、オリバーさんが自慢げにいったけれど、

ええ、カルデラってどこ?







って感じの広大な緑が広がる場所


あとで、証拠みせるから、取りあえずついてきてね、
という彼に従い、







なだらかな坂道をどんどんのぼっていって、高台につきました。







ラインが一望できて、有名なドラゴン城も見える。







でもね、ここって1万4000年くらい前までは、ラインの川底だったんだよ。
この石なんかは、ラインの川の中の石



緑の斜めに縦断し、草むらを横切っていくと、
大きな断層みたいなところにつきました。









あ、ほんとだ、火山灰でできてる。

あれは、溶岩が固まった後。


ね、証拠みせたでしょ。
オリバーはうれしそうに笑いました。




多くのインテリ層のドイツ人にたがわず、彼の歴史から植物の知識が豊富で、
一日で、いろんな事を学んだような。。。



はい、ここが国境なので、
言葉を英語からフランス語にかえます。

???







この線からこちらは、第2次世界大戦中イギリスが占領していて、
向こう側は、フランス軍が占領していたそうです。







何げにローマ時代の要塞の跡が残っていたりして。
ちなみにこの横は、大統領時代にビル クリントンもやってきたレストラン。




たっぷり歴史と緑を楽しんだ一日でした。
2014. 05. 24  
5月の朝、





うちの家のある、パッペルスドルフから、








中央駅に向かって歩きます。このグリーンベルトの先が中央駅






グリーンの散歩道で、

あちこちに咲いているお花をめでながら、







ずっとお散歩





木に咲いている花があると、町中がよけいに華やいで見えます。





グリーンの散歩道の途中、普通のおうちのお庭をのぞきつついくと、


それぞれのおうちの花壇が、






本当にいろいろなお花で飾られています。









私もあちこち住みましたが、

こんなにお花のあふれている都市を世界でみた事がありません。








特にこの季節、薔薇がたくさんあって、






ご近所を歩いているだけで、バラ園を散歩している気分になります。






そして、この薔薇たちは、多分ご主人様と同じで、

私みて!きれいでしょう!!という、傲慢な感じが全然なくて、


まるで、自分の美しさに気がついていないように、自然に咲いています。





最後に右に曲がって






ボン大学のある、ホフガーデンにはいってみましょう。



またここも、広大なグリーン。

一度入ると、本当にダウンタウンの横なのに、深い森の中にいるように感じます。

これから、まだもう少し、グリーンを楽しめる幸せな季節が続きます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。