--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 06. 27  
モントルーの見所といえば、





バイロンの詩で有名になったシオン城が有名ですが、それをのぞくと、やっぱり湖がメインで、
湖の側で一日を過ごす、というのが一番正しい?観光なのではないでしょうか?









でも、歩くだけじゃちょっと疲れちゃうし、



そのときは、パブリックのバスにのって隣町のVeveyまでいってしまいましょ。



駅の前をおりたら、目の前にある階段をどんどんと、湖のほうまでさがりましょう。その通りが
バス通りです。






あ、バスに乗る前に、La place marche のフレディにあいましょう!






湖の前で高く手を掲げているのが









彼です。

彼は、モントルーをこよなく愛し、レコーディングのスタジオもここに持っていました。

で、フレディに挨拶したらそこからバスにのって


モントルーは、メインのバス通りがひとつだけなのでとっても簡単。

201番のVevey 行きにのって、Vevey Periphelique まで。



これにのると、30分間ほどの間、湖畔をずっと眺めている事ができるんです。






私は、一日チケットをかって、観光バスのHop and Offのように、素敵なビーチをみつけたら、
1度おりて探索して。。。なんて事をよくしていました。



そうそう、たいていのホテルは、滞在期間中のバスのパスをただでくれます。
スイス、太っ腹。
ホテルのフロントで聞いてみてくださいね。

それを手に入れると、モントルーの観光はもう100パーセント保証されたようなもの?






Veveyには、小さいけれどなんでもそろう、
St Antonieという名前のモールがあるので、ここでお買い物もおすすめ






お天気がよかったら、バス停とモールの間にある河をたどっていってみてください。




誰もいない河で、静かすぎてちょっと怖いくらいですが、

流れに耳を傾けて、






半分瞑想している気分でいると、

突然視界がぱっとわれて、本当に美しい湖が顔を見せます。












ここが私のVeveyのバスの旅のハイライトかな。



Veveyは、チャップリンや、オードリーヘップバーン、シャネルなどが、
こよなく愛し、主に晩年を過ごした土地でもあります。
私の父もここが大好きで、その頃父が住んでいたローザンヌから、
小さな電車にのって、ここまでよくきたものです。


ローマ時代からサヴォワ家の管轄を経る間も、ここはワインの産地としても有名。


で、たくさんお散歩したら、晩ご飯!

私のおすすめは、モントルーの湖畔にある、タイ料理のマイタイ。

アドレス書かないけれど、有名だから調べるとすぐわかりますよ。






主人が、湖畔をジョギングして偶然みつけてから、ここも8年間通い続けています。笑



やっぱり201番のバスでいけますよ。バスえらい!でも必ず予約してね。特に湖のテラスは平日でも
すぐうまってしまいます。




トムヤムクンは、お上品はお味。

ココナッツ版のトムヤムガーもおいしかった。



牛肉のサラダと、キングシュリンプのレッドカレー

たっぷりとスイスの風景を味わった後のエスニック料理っていうのもいいものです。
NEXT Entry
モントルー・住んでる人のように過ごす観光案内 3
NEW Topics
カナディアンライフ 4 結婚
カナディアンライフ 3
カナディアンライフ 2
カナディアンライフ 1
モントルー・住んでる人のように過ごす観光案内 3
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。