--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 05. 06  


先日、街のレストランで家族でランチをしていて、

耳によくわかる言葉が入ってきたと思ったら、

フランス人の男性ばっかり4人。

ドイツの会社に研修にきたらしい、カエルさんたち。

なんというか、欧州で日本語話している人も、もちろんうくけれど、ドイツ語の国でやっぱり英語とか、
フランス語とか話している人ってやっぱり浮くのよね。

会話ももちろん、さすがフランス人、っていう事話しているのですが、

ちらっとみると、山盛りサービスされていたパンのかごが空。

おもしろいですねぇ。フランス人ってバゲットがないと、くらせないの。
(私も人の事はいえませんが 汗)

ドイツって結構、オードブルと一緒にパンがやってきて、
メインがくると

どうして??という驚きとともにパンが去ってゆく事が多いのですが(さげられてしまう)

フランスでは当然、デザートの前まで、パンはどっかりとテーブルの上にのったままです。



ダメダメ、パンは下げないで、


と当然のように、サービスしてくれる人に文句をいい、
ついでにまたおかわりまで頼んで、フランス人達の宴が終盤に近づいた頃。。。


あ、やってる、やってる。

この行為は完全にフランス人、うれしくなりますねぇ。

と横目でみて、ほくそ笑む私。

はい、お皿は一滴のソースも残さず、全員がパンで拭き取ってお召し上がりになりました。


ね、ドイツ人ってさ、どうしてお皿をパンでふかないの?
とドイツ人の友人にぶつけてみたところ、


(そもそもこの質問がすごいけど、私が聞いたのはフランス人がパンでお皿をふくのをしっている、
フランス留学経験ありのドイツ人)



だって、そもそもパンをたべはじめたのって、そんな大昔の事じゃないのよ。

私のおじいさんとか、おばあさんってパンなんか食べなかったはず。

それに、私たちは、なんたって、芋。なには無くてもジャガイモなんだから。

 ジャガイモでお皿なんてふけないでしょ。


ジャガイモ万歳のシンプルなお答えでした。








NEXT Entry
マインツ
NEW Topics
カナディアンライフ 4 結婚
カナディアンライフ 3
カナディアンライフ 2
カナディアンライフ 1
モントルー・住んでる人のように過ごす観光案内 3
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。