--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 03. 23  
ドイツにお尻を暖めている暇もなく、

あちこちに動く私ですが。。

今回は


イージージェットで ロンドンに。

イージージェットは、ディスカウント飛行機で、遅れる事で有名でしたが、
欧州のレギュレーションが厳しくなった事で、遅れなくなり欧州(特にイギリス発、イギリス着)移動の強い
味方となりました。





典型的なイギリスの風景






今回泊まったの派、The Southkengington hotel
生きるために食べるのではなく、食べるために生きている私たちは、レストラン選びと同じくらい重要なのは
ホテル選び。

今回は本当に正解でした。






あまりに英国的なホテル。インテリアも素敵でサービスも控えめで最高。







夜にはファイアープレイスに火がともり、暖かみを感じさせます。







すっきりしたデザインのお部屋。







小さいながらバスルームは、すべて大理石仕上げで、大理石の大好きな私は、もうすぐ買う予定の
ドイツのアパートのゲストバスルームのデザインはこれに決定したいほど。







ジョージアンスタイルの並ぶサウスケンジントンの町並みは







とってもきれいなのだけれど、私達の住むドイツのボンに比べて、
イギリスのこのスタイルの方が年代的には新しいのになんとなく手入れされていない感じ。

ドイツ人マニアックだからなぁ。





サウスケンジントンのとってもかわいい家。

でも、私たちの地域の方がずっとかわいいなぁ、なんて。





今年の春は3週間近く、欧州は早いそうで、




サウスケンジントンの裏通りにも桜が咲き誇っていました。
NEXT Entry
イタリアンワインバーとブルーエレファント ロンドン
NEW Topics
カナディアンライフ 4 結婚
カナディアンライフ 3
カナディアンライフ 2
カナディアンライフ 1
モントルー・住んでる人のように過ごす観光案内 3
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。