--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 11. 18  
娘は、ボンのインタ−ナショナルスク−ルに通っていますが、

高校卒業資格をとるためには、
第2外国語としてのフランス語が必要で、
今まで母国語として学んでいた
フランス語をインタ−ナショナルスクールでも、
同じような環境の子供たちともう一度とることになりました。

今年の9月から、英語の授業だったので、
フランス人だけと一緒のフランス語での授業は久しぶりです。

ね、ね、どうだった?

(うーん、さすが、フランス人だな、って感じ。

最初の授業ではいってくるなり、なんていったと思う?

’今週は、週の初めから頭にくる出来事ばっかり起きていて、わたし、ご機嫌わるいのよ、’って・)

 そうなんだ。で、そのあとは?

(そのあとはきわめて普通。)

ま、感情包み隠さずっていうか、個人の感情を出すっていったことに全然抵抗もなく。
なんでもいっちゃうから、ストレス少ないだろうなぁ







(ヨーロッパの双方の都市のひとつめ

パリ ♪)









そして、私は、ドイツ人との今朝の会話を思い出しました。

おつきあいでさそわれた、ドイツパンを作る講座。
趣味で教えてくれるドイツ人の先生は、うちから、1時間ほどのところに住んでいらして、
約束したものの、あれやこれやで、なかなか通うことが出ない私。

今週も、悪いなぁと思いつつ、

今週もちょっと。。。

というと、

まぁ、よくあることよね、気にしないで。でも学ぶ気があるかないかの問題よね

とニコニコ笑いながら、しっかりといわれてしまったのでした。


(こちらは、ベルリン ♪_






私なら、まだ一回しかあったことのない生徒に、こんな風にいえるかなぁ、、と。


でも、このダイレクトさ、同じダイレクトさでも、
フランス人とドイツ人の表現の方向が違って面白いと思いました。
本当に典型的で、どちらも変換は不可能です。

娘が突然、

で、さ、先生がわたしに、あなた年齢は?ってきいたの。(クラスは、15歳から18歳の混合のため)
だから、
え、それって、答えなきゃいけないんですか?っていったわ。
私、年齢聞かれるの嫌いだし。

この方も、インターナショナルなダイレクトさを身につけているようです 泣
NEXT Entry
ボン マーケット広場
NEW Topics
カナディアンライフ 4 結婚
カナディアンライフ 3
カナディアンライフ 2
カナディアンライフ 1
モントルー・住んでる人のように過ごす観光案内 3
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。