--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 12. 19  
大好きなお友達が、クリスマスマーケットフリークとなっている私をつれていってくれたのは、

ここ








SIegburg(ジークブルグ)いつもは、フランクフルト空港へ行くときの、出発点というか、
通り過ぎるだけの街だったのですが。。







いつも車を止める方と反対側をゆくと、こんなかわいい建物があったりして。
無機質だった印象が覆されました。






車でボンから20分くらいのこの街。

ここのクリスマスマーケットは、中世のクリスマスマ−ケットで有名なんです。

電気を全く使わないマーケットだそうで。。

で、そのためにある、この槙たちです。








ただ単に、電気をつかってない、中世風のマーケット、とおもっていたのですが、
もっと奥が深く、
展示してある物も全部中世をコンセプトにしています。

ケーキだの、クッキーだの現代的なものはなく、
これは、スウィーツ屋さんですが、





ドライフルーツや、ナッツを串に刺して、フライし、お砂糖や、ココアをまぶしてくれるお店です。
うーん、徹底してる!


キオスクも天然素材だけで作られています。






お店の人たちもみんな中世の衣装です。








木製のオーナメント屋さん。
ぬくもりが感じられるお店です。





みんなこんな感じのお店です。ほんとに中世みたい。








マーケットの中心からみあげると、こんな素敵な塔もあって、






広くはない敷地内、とってもとってもかわいいのです。











石の彫刻屋さん。おうちのエンブレムとかもほってくれます。もちろん、ここで彫っています。






キャンドルも昔ながらの蜜蝋製法で。


















小鳥さんのおうちとご飯を売っているお店。













パン屋さん!隣の釜には槙がくべられていて、パンのいいにおいがただよっています。




かたくて、しっかりとしたドイツパン。おいしかったーーー






中世のバスショップ。

ヘチマと手作りの石けん屋さん。




広場の中央


なんだかいいにおいがただよってくるな、と思ったら







おお、なんと子豚さんの丸焼き。






グリューワインはいかが_?


もちろん、いただきますとも。




ここは、グリューワインだけでなく、メートという、蜂蜜から造ったお酒もあるので有名だそうです。








これまた素敵なワインカップで。







焼きぐり屋さんも中世方式






私たちのお昼ご飯は、これ。
器はキャベツ。フォークは、やっぱり木でできてる。

エコロジーだなーって感心して、でも、キャベツはたべれなかった、ごちそうさま!

って返したら、50セント戻してくれました。

豚さんのえさになるんですって。


もう、本当に徹底してる!







でも、まだこれだけじゃおわらない、中世マーケットの奥行き!


これは、メリーゴーランドですが (写真がくらくて、ごめんなさい)





電気なし、です。

で、どうやってまわすのか、っていうと、

真ん中にとってのような物がついていて、子供たちがかわりばんこでまわすんですよ。









火打石セット??おみせ。
ナイフとか、サバイバル用品、ハンティングのもの、キャンプのもの


ピリミティブなんだけど、とってもおしゃれ。















布をおって、その横で販売してたり、




ブリキの手作りおみせ。かわいい。


中世です、電気を使いません、なんて誰も宣伝しない。

全然おおげさでない、エコロジー。

環境に貢献して、無駄はありません、なんて大声で叫ばない。

それでも、きちんと、やることを淡々とやって、ついでにみんな楽しんでいる。

いいなぁ、こういうのって。





その大好きな友人が作ってくれたクリスマスクッキーをいただきながら、
今日の楽しい事をかみしめた一日でした。

スポンサーサイト
2013. 12. 11  
相変わらず、カナダからの家族と、ボンを観光して巡っています。


お天気のいい今日は、ここへやってきました。








ブルーの旗がひらめく国連。

ニューヨークでは、


違法駐車と、国連

が、一番嫌われている、というジョークがあるのですが、ヨーロッパで2番目の規模を誇る
ボンの国連は、ボンの人たちは誇りに思ってくれているようで、

国連関係者としては、大変ありがたいことです。






国連のなかからみえる、このきれいな建物は、旧国会ということで、
ボンが昔 首都だった事を思い出させる建物です。





国連ビルのなかからのラインの眺め。
お天気もよく、まぁ、きれいなこと。







ライン川って結構広いんですねぇ。







ここは、ボンのハイドパーク的な、ラインアウエ公園を上からみたところ。

ボンの人たちの憩いの場所






もう一度ボンが首都だった頃の国会。

正面、ライン川そい。

こうやってひっそりとたっているけれど、東西の歴史を感じさせる建物。

そういえば、ボンをはじめとして、ヨーロッパってやたらケネディという名前の通り橋が多いんですねーー。

ケネディは、冷戦の頃の西の守護神のイメージであったことがしのばれるとともに、
東西分かれている事が、本当に危機感を持たれていたという事がわかります。

歴史だなぁ。。。





ボナー(ボンの人たち)は、ほんとに元気。

こんなに温度が低くても(約4度。ま、それでも暖かい方だけど)
日差しがあると、ばんばん川で遊ぶ。
ボートが出ています。





アウエ公園をゆくと。











なーんとなく、うち捨てられてるようなモニュメント。
お掃除してない。ドイツ人らしくない。





苔むした碑からわかるのが、これがビスマルクの碑であること。








エンブレムも厳つい感じ。






またラインを右に見ながら引き返してきました。







ガラスばりの高い建物は、DHL のビル






そのお隣が国連。

この周りには、池があって白鳥がおよいでいたり、のんびりかもがひなたぼっこしていたり。

夏になると、ボナーたちが、ポータブルのバーベキューをもってきて、それぞれにお料理を楽しんだり、
もちろんカフェもたくさんでるし、シアターも出ます。


それでも、人のたくさんいない公園を歩くのもいいものです。
久しぶりに出た太陽と、ラインの青さが生きる喜びを感じさせてくれます。

ひっそりと昔を物語ながら、それでいて存在感のある建物を巡ってみるのも素敵かもしれません。
2013. 12. 04  
カナダから家族が訪ねてきているので、
あちこちにいっている私たちですが。

カナダなんていう広い国だと、国を超えるといっても、お隣のアメリカに行くくらいで、

一日で、国を横断して、かえってくるという事も珍しいので、

ヨーロッパの醍醐味、一日で国越え をやってみる事にしました。

目指すはお隣のベルギーですが、












ボンからたった1時間半で、景色も町並みもかわります。
こんな小さな路地があって、







それでもやっぱりこの季節、目指すのは、クリスマスマーケット!







同じクリスマスマーケットでもドイツと全然雰囲気が違って、








当然の事ながら、私たち、ホットワインの飲み比べです。


お味は、悪くないのですが、

写真にはちょっとみえないけれど、プラスティックのカップです。

ドイツは、ガラスのコップで、スタンドにもどすと、そのぶん、お金を返してくれる。

環境っていう点でもすばらしいけれど、カップをわったり、返さないでごねる人がいない、笑
という信頼関係も、
ボンのいいところです。









観覧車、ボンに比べて大きめ。
ボンのって、木製で、暖かみがあるけど、ちょっと怖いような。

でも、ドイツだから、壊れる事もないでしょう.笑









これは何でしょう???わかった人はかなり、カナダ通!!








一見フライポテトが、ぐちゃぐちゃになったようなものにみえますが、(ま、実際そうだけど)

これは、

プーティンといって、れっきとした食べ物で、(当たり前か)
人の食べ残しとか、
放っておかれたフライドポテトではありません。


カナダのキオスクがあるなんて、インターナショナル。ボンにはないですもん。

あ、そうです、このプーティン。

フライドポテトに、モッツアレラににたカートチーズとよばれるものをまぜ、その上からグレービーをたっぷり
かける、というカロリー的には恐ろしいしろもんです。

カナダはケベックの食べ物。おいしいです。とっても。











街の中心で出ているマーケットの横には、こんなきれいな建物。

教会だったけれど、今は博物館となっています。









街の真ん中を流れる川は La Muse という名前だそうです。





少し路地をはいると、こんな古い石の袋小路があって、






すごくすごく古いお家のあと。






ボンとは全く違う建築様式のシティホール。


本当にヨーロッパはおもしろい、いろいろなおもちゃの入ったおもちゃ箱です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。