--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 02. 15  
さて、ドイツ料理ばかりもあきたので、ちょっとかわったものを、

ということで、トリップアドバイザー第2位に輝く、チリ料理、

La Cita Chili へ。

チリ料理でござんす。

ま、ベルリンにきて、チリ料理を食べてそれも評価がいい、とういうのってかなりの強者ではないでしょうか。


店内はエスニック料理にありがちな、民族っぽいところは、全然なく、さらっとおしゃれな雰囲気。










このお面以外は..笑










チリのアペリティフ。ブラジルでいただいたアペリティフにそっくり。
ライムがきいている、サボテンのお酒







モダンにまとめてあるけれど、建物自体は多分18世紀以前。



チリのパンは、フォカッチャとナンのハーフみたいな。。たくさんのディップをつけてくれます。
サルサ、おいしかった!






エビのカルパッチョ。すごくフレッシュなの。
考えてみれば、チリって細長くて、海も山もあるんですよね。








ああああ、これ、チリ風ブイヤベース!!悪いけど、本場マルセイユのより、ずっとおいしいかった。
なんたって、シーフードが、スープのだしがらになってない。

このボリューム!これで一人分です、もちろん。




これが、チリ料理名物のキャセロール です。

コーンミールのグラタンの中に、チキンがどてっとはいっていて、ちょっと甘辛い味付けが癖になりそうです。



フランスの売れっ子作家のLevy の Le premier jourという作品の中の主人公は、チリの世界で一番高い天文研究所で働
いていて、あまりにも高い標高にいるために、眠れない(人間、高い標高にいると、眠れなくなるのですよ、
私たちは、標高1800メートルに5年暮らして、証明済みです)


のですが、この夜ははチリ料理、食べ過ぎのために眠れなくなりそうな私たちでした。
トリップアドバイザー、正解!価格、サービス、質、満点です!

スポンサーサイト
2014. 02. 07  
お買い物していて、ちょっとおなかすいたけれど、
バフェって感じでもないしぃ。。。

って時は、この

オイスターバー

というより、私たちは、ここ目当てで KaDeWaまで出かけたんですけど...笑

知るひとぞ、しる、ベルリンのグルメスポットは。。

デパートの食料品コーナー!!

ドイツってね、
お肉やさんとかでもお隣に、すぐイートインのコーナーがあって、

その場でソーセージをサンドイッチしてたべさせてくれたりするんです。
で、ここもそののり。







狭いカウンターだけど





でもって、シーフードコーナーの目の前


いやおうにも期待が広がります。





自分たちでサイズを選んでオーダー





オイスターのグラタンは、ほうれん草にサワークリームと小エビ、チーズでやいたものの。新鮮な牡蠣ならでは、
中はレアで、外はかりっとしています。


いやーこれね、夏ボルドーにいっているとき、さんざんつくったんですよ、アウトドアキッチンで。
そのとき以来です。

おいしかったランチのあとは、ふらふらその辺を歩いて。。といっても食料品コーナー

ほんとにほんとに広い




チョコレートを売っている横で、やっぱりそのチョコレートとスウィーツを食べさせてくれるカフェが

隣接しています。




チョコレートとバニラムースのケーキ。。

おおお、雪のベルリンでデカダンな日々の私たちです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。