--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 11. 03  
私たちの日常生活って、

ボンのマーケット広場ではじまり、マーケット広場で終わる、とってもいいくらい、
ここをうろうろしています。

ジムもここだし、

しょっちゅうお茶しているのもここ。



オ−ルドシティホ−ルを正面にして左側、べートベンの婚約者が経営していたレストラン
http://europediary.blog.fc2.com/blog-category-4.html

の一軒はさんでおとなりの

FIRST FLUSH TEAROOM

は、軽いめのお食事と、お茶、ワインなどがいただける場所です。まだまだテラスがでている
11月、でも温度は4度でした。




今日は雨だったので、さすがに店内に。






お店のなかは、入り口から想像できないくらい、奥行きがひろいです。暖かみのあるインテリアと、
たくさんおいてある本で、どなたかのおうちにお邪魔したみたい。

お茶と、ワインのバリエーションもすごいので、それだけを目当てに訪れる人も多いとのこと。





今日はランチにきました。
これは、チキンのクリームソ−スノフィットチ−ネですが、、Touch of the TERIYAKI sauce ええええ?
照り焼き風味のクリ−ムソ−ス???と思ったのですが、なかなかいけるのです。




これは、私のいただいた、サーモンのキッシュ。




ケ−キもたくさん。



娘が選んだのは、チョコレートのパイ。上に乗っているのはドライフランボワ−ズ、とみた。

ドイツのこてこて料理でなく、何か軽いものが食べたいとこにはぜひここへ。
紅茶のカップは、みんなそれぞれ違ったカップでサ−ビスしてくれます。


スポンサーサイト
2013. 10. 19  
今日友達に教えてもらったカフェは、
ボンの中心、マ−ケット広場にある、ボンの中でも一番古いコーヒーショプである、



Cafe Muller-Langhardt

Markt 36, 53111 Bonn, North Rhine-Westphalia, Germany

典型的なドイツのクラシックなお店です。



つきあってくれたのは、新しくお友達になった Ula。
最近私のドイツ語の先生をかってでてくれました。
半年たっても、
グーテンタークくらいしかいえないわたしが、情けなくなったに違いありません。

大好きなんだけど、彼女って騒がしいっていうか、ラテン的な騒がしさでなくて、
ゆっくりと大きな声で話すから、騒がしいっていう感じより、大きな鐘が耳元でなっているような(笑)

隣の上品そうなおじさんのところに、ケ−キが運ばれてきました。

ボナペティ!(よい食欲を、と、食べる人に向かってこうやって声をかけることがあります_)とでっかい声で
おじさんにいうと、フランス語で、そのケ−キの説明を始めました。



おじさんのことなんか全然気にせず、

ね、下が、キルシュ(さくらんぼ)がにたのが入っているのがみえるでしょ。2つレイヤードにして、
重ねるんだけど、この辺じや、ここくらいでしかたべれないのよ。
古い、伝統的なレシピなの。
ちなみに、
Hollander Kirschtorte 
というそうです。



 
写真とれば?

なんていわれたけど、ちょっとそこまでは。。(笑)

(で、ひっそりとったのは、ケ−キ売り場のだけ。。_)

彼女は歴史が専門で、年代まで全部暗記しているほどの詳しさです。
これからも、このブログに貢献してくれることと思います (笑)
2013. 09. 20  
Südstadt ズゥットスタッドは、
Süd(南)stadt(街)
という意味ですが、

先回もはなしていたように、
歴史的建築物に指定された家がほとんどを占めるところで、
その家をみに、観光バスがはいってくるような所です。

ボンの中央駅から歩いても10分くらいのところにあります。
中央駅から、パッペルスドルフアレイを歩いてくると左側。

で、お散歩につかれたら、のカフェをご紹介
2013-09-13 14.29.53



Einbrand
Koningstrasse 65 53115 Bonn

お天気のいいときは、外にたくさんテーブルがでています。

カフェが1、5ユーロくらいなのに、それに、お水(たいていのレストラン、カフェはお水はだしてくれません)に、おまけにとてもおいしいハンドメイドのクッキーや、ケーキがついてきて、いつも友人らと
‘これで商売になっているんだろうか’って心配するようなお店です。
オーナーの趣味ですね、完全に。

とても雰囲気がよくて、お散歩の足休めにも快適。
Südstadtのなかでも、一番美しいストリートのひとつである、
koningstrasse Argelanderstrassが交差するところにあります。

2013-09-13 17.38.17

夕方からは、ワインバーになります。
ドイツワインの品揃えもすごいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。