--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 11. 06  


ボンからケルンまでは約30分。

結構本数は出ているけれど、急行であるICは、普通のチケットで乗れるローカルの電車とは
別料金なので注意。

ボンからいくと、ま===ケルンって大きい町ね===って思います.
(ケルンにすんでいる人たちはボンはヴィレッジ=田舎、って思ってますから_)


で、ケルンの中央駅でおりて、毎度のケルン大聖堂をおがみ、
タクシーで約15分、12ユーロほどで到着。





雨ですよ、雨。娘の動物園好きにも困ったものです。

それでも決めたらいっちゃえ。

娘と私、世界各国行く場所、行く場所での動物園、水族館は完全制覇。南アフリカから、アメリカ、ヨーロッパの各都市、モナコの動物園とかもね!

なので、かなりの通だと思っております。

それに、この前の5年は動物園のなかにすんでたようなもんだし(はい、アフリカにおりましたから)


ま、小雨だったし、小雨のほうがかえって動物外に出てるので、かえっていいかもしれないです。




こんな方も。
こっちのカフェについてるような、上からのヒーターで暖まってらっしゃいました。





ハロウィンのカボチャ?もうハロウィン終わったんだけど。売れ残りかな・



わたしは、イタリアの作家のランペドゥーサが、没落してくシチリアの貴族を山猫に例えて書いた
”山猫”という小説(映画も!)大好きなので、
山猫がいると必ずあいにいきます。

英語ではリンクス.フランス語ではゲパール。




さっきの売れの残りカボチャ、実はお猿さんのえさでした。






日本の鶴。

世界の動物園制覇の私たちからみても、訪ねて見る価値のある動物園だと思います。

サイズ的にも、全部みてへとへとになるアメリカの動物園とも違い、
こじんまりと、町のなかにあるのもいい。

おりに入っているっていう感覚の動物はあまりいなくて、公園を歩いているような感じです。

ゾウさんたちも圧巻なのでみてくださいね。
ファミリーでくらしているのが、なんだかとっても微笑ましくてよかったです。

大聖堂みたら、動物園に直行しましょう(笑)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。